教育本部 MENU

お知らせ教育本部役員構成行事実施要項事業・業務処理要項協賛情報SAJ関連日程等事業報告各種提出書類の様式所属団体一覧行事レポートバックナンバー

行事レポート

SAJ教育本部スキー技術員研修会
(北関東ブロック)

12月2日(土)~12月3日(日)の日程で群馬県鹿沢スノーエリアを会場に、6名のナショナルデモンストレーター(岡田慎、竹田征吾、水落亮太、兼子稔、青木哲也、青木優子)を講師に迎え、SAJ教育本部スキー技術員研修会が開催されました。

会場の鹿沢スノーエリアスキー場は11月の降雪とスキー場のご尽力により十分な滑走スペースが確保され良いスタートになりました。開会式では、SAJ北関東ブロック代表として本県高橋県連会長、岡田SAJ常務理事によるご挨拶並びに鹿沢スノーエリア市川会長より歓迎のご挨拶を頂きました。

開会式風景
開会式風景

開会式終了後は、雪上に移動し出倉SAJ専門委員の解説により2018年度の指導者研修テーマである

Ⅰ 基礎的・基本的なスキー運動の指導の実践
Ⅱ 3本の矢の指導方法の実践
Ⅲ 指導者検定種目の理解

これらのテーマからよりプルークボーゲン、シュテムターン、検定種目等をナショナルデモンストレーターによるデモンストレーションが行われ、洗練された演技を間近で確認しながら解説を聞く事が出来、滑走前のイメージ作りが出来ました。デモンストレーション後は各班に分かれ研修が行われました。

デモンストレーション デモンストレーション
デモンストレーション

実技研修終了後は、例年と異なりスノーボード委員会、安全対策委員会も合同の理論研修が行われ、各担当SAJ専門委員による講義ではスキーだけでなくスノースポーツを行う上での安全対策も考慮された講義の他、技術解説、検定に関する変更点等、盛り沢山の理論研修が行われました。

2日目は、全日に引き続き各班に分かれ実技研修が行われました。両日とも天候にも恵まれ、十分な滑走時間が得られた事で、前日の理論研修の内容を雪上で実践する事が出来、更に理解を深めることが出来る2日間となりました。

研修風景
研修風景

今回の研修の内容は、加盟団体での指導者研修会に引き継がれることになります。今シーズンも安全に配慮した楽しいスキーをお楽しみ下さい。

技術員研修会参加者
技術員研修会参加者